top of page

​猫ちゃんの里親になりませんか?

ジオラマ食堂は、コロナ禍の経営難のところ、野良猫家族に助けられました。今度は、私たちが猫たちに恩返しをしたいとの思いのもと、1頭でも多く猫を助け、ヒトとネコの共生社会を築きたいと願っています。
そのために必要なことは、一人でも多くの適正飼育のできる里親さんを見つけてあげることです。そして「1頭でも不幸な子を増やさないこと」です。

猫は飼い主を選ぶことができません。ジオラマ食堂はヒトとネコが幸せになる​ための里親のマッチングと生活のサポートをしております。

ぜひ一度、ジオラマ食堂にお越しいただき、保護された猫ちゃんたちと対話をしてみてください。相思相愛の猫ちゃんに出会えるかもしれません。

ジオラマ食堂スタッフが自信を持ってお勧めする今週の推し猫、ぜひご覧ください。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの
  • Instagram

ぎん・れん

2023/5/1生まれ(誕生日は推定)

いずれも、オス猫

3種混合ワクチン 2回接種済みです。

とても元気な子猫たちです。

おはぎ

2023/8/1生まれ(誕生日は推定)

メス猫

3種混合ワクチン 1回接種済みです。

とても人なっこい猫ちゃんです。
ただし、エイズキャリアを持って生まれています。
その辺をご理解していただいたうえで、里親になっていただける方を希望しています。

ジュリー

2022/7/1生まれ(誕生日は推定)

メス猫

3種混合ワクチン 1回接種済みです。

とてもマイペース。今回も写真を撮ろうとすると嫌がっていましたが。

写真を撮るのをひとまず止めたら、リラックスしたのか、すっぽりキャットタワーに入って首だけ出してくれましたので、その瞬間をパチリ。

全身は写っていませんが、中々素敵な黒猫

個人的には一押しです。by blackcat

ご利用規約.png
00031.png
  1. 猫を飼育することについて家族全員の同意が取れている方

  2. 猫の飼育が可能な住宅に居住している方(賃貸の場合は証明書の提出をお願いします)

  3. 同居されるご家族に猫アレルギーの方がいらっしゃらない方

  4. 猫を原則として室内で飼育できる方(十分なスペースがあること)

  5. 終生愛情と責任を持って飼育し、ジオラマ食堂の許可なしに他人への再譲渡をしない方

  6. 伴侶動物としてのみ飼育し、再譲渡・販売・貸出し・展示・動物実験などに利用しない方

  7. 法令等に規定されていることを遵守し、最後まで愛情を持って飼育できる方

  8. 20歳以上で経済能力のある方

  9. 定期検診や獣医療の必要性を理解し、あたり前に医療を受けさせて下さる方

  10. ペット保険にご加入いただける方

00032.png

先住動物との相性が心配な場合や、先住動物の数が多く十分な飼育ができないと判断される場合は、譲渡をお断りさせていただく場合があります。

00033.png

■後見人がいる場合

  • 成人していて責任能力のある3親等以内の親族であること

  • 万が一の場合に名実ともに責任を負えること

  • 飼育者本人とともに面会に同行していただくこと

  • 飼育者同様の個人情報を提供できること
     

 

■後見人がいない場合

  • 要支援・要介護認定を受けられている方は当社指定の訪問介護・デイサービスを受けていること

  • 入院時など猫の飼育が一時的に難しい場合にジオラマ食堂に預けられること(実費負担)

  • 連絡先を当社へ提示のうえ当社スタッフから飼育に関しての助言指導に対応できる方

bunner001.png

里親になっていただく方には、猫ちゃんにかかった医療費等の一部をご負担いただいております。

猫ちゃんは、保護しますとワクチン接種や検査、去勢・不妊手術・駆虫・薬などの費用がかかっております。

​諸費用をご負担いただくことで、今後の保護猫の活動費として有効に使わせていただきます。​ご理解のほどお願い申し上げます。

​諸費用の目安:30,000円~

bunner002.png

猫達の受け入れに関して

皆様がジオラマ食堂にて里親を見つけて欲しいとお願いされる場合についてお話しします。

ジオラマ食堂で猫を受け入れだして里親様につなげ、
猫達の居場所を提供するのに本来はお金がかからずに出来たらいいのですが、
こちらの家賃光熱費、人件費、なども次のステップに進む場合に
どうしてもお金が掛かることを先ずはご理解ください。

しかしながら緊急時瀕死の状況やお子様が助けい、
飼い主が施設に入り猫と離れなくてはいけない。
飼い主が亡くなってしまった。など、この数年間で色々な状況がありました。

猫達は全てこちらに来る時は状況や背景が違うので
一概に受け入れ料金を統一出来ないのです。

基本的な金額は50,000円(消費税別)でこちらに来る前に病院に連れて行って
もらうかこちらで病院に連れて行く費用を御負担してもらいます。

病院での検査内容はエイズ、白血病の抗体抗原検査。
ノミダニ駆除、年齢8歳以上の子は血液検査が必要です。
それはこちらに来てからの肝臓や腎臓の状況を私達が理解し
0.5次医療から病院に連れて行く際に施設内のカルテを作る必要があるからです。
こちらで過ごした内容を里親様に正確に伝え管理をする事が
私達の使命である事をご理解下さい。

お金がない場合、分割で月払い制度もとります。
この場合の料金は月1万円からで保証人が必要です。

こちらに来てからの重度の病にかかった場合の負担はありません。

しなしながら重度の病を患っている子につきましては慢性腎臓病、
FIP所見ありなどにつきましては最低受け入れ金額は猫の身体状況により
15万から45万かかります。

肝臓については適正数値から逸脱し投薬が必要な場合は
月あたり5,000円、半年間かかります。



生後1ヶ月以内の子猫について。

1から4匹までは10万円
5から7匹までは15万円
かかります。
但し母親猫がいる場合は一律子猫は30,000円、

母親猫は50,000円になります。

なお金額につきましてはお電話でも相談を受け付けています。

bottom of page